converter from gtool3 formatted file to NetCDF file

download: gt3nc.rb

Usage: ruby gt3nc.rb infile outfile.nc axes=path_to_axes_files [endian=(big|little)]

gtool3形式では、 軸ファイルはデータファイルとは別に持っている必要があります。
たとえば、データファイルに
AITM1 : GGLA16
とあれば、それは、 適切な場所に
GTAXLOX.GGLA16
GTAXWGT.GGLA16
というファイルがある必要があります。
適切はパスとは、 gt3-dcl5 をインストールした際に、
Mkinclude
の中で、GTACLOC, GTAXWGT で指定したディレクトリです。
特に変えていなければ、
prefix + /lib/gt3
だと思います。

gt3nc.rb で設定すべき軸のパスは、 その軸ファイルがおいてあるパスです。
AGCM5.3を実行した計算機でないところで実行するときは、 その軸ファイルを持ってきて、どこかにおかなければいけません。
もし、軸ファイルが手に入らない場合は、 http://www.gfd-dennou.org/arch/gtool/sample_data/ に標準的な軸ファイルのサンプルが置いてあります。 軸が同じであれば利用することができます。 データファイルのエンディアンによって、 ビッグエンディアンなら be/ ディレクトリ、 リトルエンディアンなら le/ ディレクトリ の中のファイルを使用してください。